動きのいい材料株に割り切り対処【正直じいさんの株で大判小判】

正直じいさんの株で大判小判20.08|株式市場新聞
目次

続落も底堅さは意識

 2日午前の東京市場は続落。日経平均は154円安です。新型コロナウイルス感染拡大へ警戒感から、前日の米株市場でダウが1000ドル近い下げとなった流れを引き継ぎ、売り先行で始まりました。ただ、10時過ぎに350円超に下落したあとは、時間外の米株価指数先物が上昇していることから、下値に買いが入り下げ幅を縮めるなど底堅さは意識されています。

Wスコープ、日産自に打診売り

 もっとも、東証1部の8割以上の銘柄が値下がりする軟調地合いで、下値への警戒は解けず、直近安値を切ってきたWスコープ(6619)、日産自(7201)に打診売りを入れました。一方で、前日に続いてテレワークやオンライン医療・教育、巣ごもり消費など新型コロナに関連する銘柄が個別に賑っており、全般の底打ち反転を待ちながら、動きのいい材料株には割り切って対処したい考えです。

株式情報と相場見通し

Pocket

正直じいさんの株で大判小判20.08|株式市場新聞

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる