ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 日本初の資産運用コンテスト「第一回S1グランプリ」で優勝した岡山 憲史氏が世界のマーケットを辛口で解説します。

潮流|証券市場新聞

消費増税廃止の催促相場?【潮流】岡山 憲史

歴史的割安でも容赦なく売り叩く 米国株式市場は連日過去最高値を更新しても日本株は下落する。 東証1部の売買代金は、節目の2兆円を11日連続で割り込み、参加者不在だ。また、米国株が下落すると日経平均は米国株以上に値下がりす […]

コメントなし
潮流|証券市場新聞

日本株に魅力的な投資機会到来【潮流】岡山 憲史

S&Pとナスダックが最高値 7月10日の米ダウ工業株30種平均は、一時2万6983ドルを付けて過去最高値を更新した。 機関投資家が重視するS&P500種指数も史上初めて3000ポイントを突破した。ハイテク株中心のナスダッ […]

コメントなし
潮流|証券市場新聞

株価14倍の米国と株価1.1倍の日本【潮流】岡山 憲史

米国民の資産は驚くほど増加 7月3日にダウ平均は史上最高を更新し2万6966ドルを付けた。米国でダウ指数を買っている投資家は誰一人損をしている人はいない。損どころか長期間株式投資をしている米国民の資産は驚くほど増加してい […]

コメントなし
潮流|証券市場新聞

米株最高値が意味するもの【潮流】岡山 憲史

株価の位置が国力の差となる 米S&P500種は6月21日に2964ポイントを付け、昨年5月に付けた史上最高値を更新した。 米国で米主要株指数を買っている個人投資家は誰一人損をしている人はいない。日本のバブル崩壊が始まった […]

コメントなし
潮流|証券市場新聞

安倍総理の「3つの敵」【潮流】岡山 憲史

1つ目の敵は「反日左翼」で2つ目の敵は? 安倍総理は「自分には3つの敵がいる」と述べた。 1つ目の敵は朝日新聞に代表される、いわゆる「反日左翼」。この勢力は自分が何をやっても常に敵であるという。2つ目の敵は「財務省」。安 […]

コメントなし
潮流|証券市場新聞

不公平な市場取引【潮流】岡山 憲史

市場参加者が少なく活気がない ダウ平均は6月4日から6営業日で1247ドル上昇した。2018年10月3日に付けた過去最高値の2万6828ドルまであと580ドルにまで迫った。この間、日経平均も970円上昇し、2万1000円 […]

コメントなし
潮流|証券市場新聞

日米でレアアース開発を急げ【潮流】岡山 憲史

ロス商務長官は「前例のない行動を取る」 中国は電気自動車(EV)の部材で不可欠なレアアース(希土類)に新しい輸出管理システムを設けるようだ。 米中貿易戦争が激化するなか、米側に揺さぶりをかける狙いだ。一方、米商務省はレア […]

コメントなし
潮流|証券市場新聞

レアアース危機は起こらない【潮流】岡山 憲史

価格高騰での対応が企業にできている 中国が電気自動車(EV)やデジタル家電に欠かせないレアアース(希土類)の対米輸出の規制を示唆したことで株式市場は不透明感を増している。 レアアースといえば、2011年に中国政府がレアア […]

コメントなし
潮流|証券市場新聞

消費増税の延期は必然【潮流】岡山 憲史

萩生田幹事長代行は増税延期に含み 市場では10月に予定されている消費増税の再々延期論が再燃している。 安倍総理が5月16日に証券会社のエコノミストらと会食した際、消費増税について議論されたようだ。政府・与党周辺で消費増税 […]

コメントなし
潮流|証券市場新聞

不景気の株高【潮流】岡山 憲史

今後の注目点は? 5月15日の日経平均は8日ぶりに反発した。令和に入って初めての上昇だ。前日14日安値は2万751円まで下げ、10連休前から6日間で1519円(6.8%)の急落となった。今後の注目点は5月9日の終値(2万 […]

コメントなし

続きを見る

Pocket