ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 日本初の資産運用コンテスト「第一回S1グランプリ」で優勝した岡山 憲史氏が世界のマーケットを辛口で解説します。

潮流|証券市場新聞

日本株式市場は新たなステージへ【潮流】岡山 憲史

弱気の投資家が増えていた 日経平均はついに2万3000円の岩盤を打ち破った。9月19日に2万3842円と1月24日以来およそ8カ月ぶりの高値を付けた。 9月7日の安値2万2172円から7日間で1670円も上昇したことにな […]

コメントなし
潮流|証券市場新聞

米国の投資家は誰も損をしない【潮流】岡山 憲史

アメリカの株式市場は過去最高値水準を維持 アメリカの株式市場は過去最高値水準を維持している。トランプ大統領はツイッターで、「株式市場の歴史において最長のブル相場となった。アメリカおめでとう!」と呟いた。 S&P500のブ […]

コメントなし
潮流|証券市場新聞

大幅反発は近い【潮流】岡山 憲史

多くの投資家は2万2000円割れを想定 日経平均は8月30日に2万3032円を付けた後、下落が続いている。多くの投資家は5月・6月・7月と同様に2万3000円が天井となり、2万2000円割れまで調整が続くと考えているのだ […]

コメントなし
潮流|証券市場新聞

日経平均2万3000円は通過点【潮流】岡山 憲史

アメリカと中国との貿易問題の行方は? アメリカとメキシコが北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉で大筋合意したことを受け、米株式市場が急上昇。続いてアメリカとカナダの協議に進展の兆しが見えたため、さらに米国株は大幅に上昇 […]

コメントなし
潮流|証券市場新聞

ヘッジファンドの売りを放置するな【潮流】岡山 憲史

海外投資家は株価指数先物を6.1兆円売り越し  海外投資家(外国人)は今年1月~3月に株価指数先物を6.1兆円売り越した。  日経平均は1月の高値(2万4129円)から3月の安値(2万347円)まで3782円(15.6% […]

コメントなし
潮流|証券市場新聞

トルコ・ショックは超短期で終わる【潮流】岡山 憲史

流動性危機に陥るリスクはない 8月10日にトルコ・リラが急落したことをきっかけに世界の株式市場が急落。この日の日経平均は300円急落した。しかし、トルコ問題で世界経済を大きく悪化させることもなければ、欧州の金融機関への影 […]

コメントなし
潮流|証券市場新聞

貿易戦争による経済懸念は杞憂に終わる【潮流】岡山 憲史

7月の海外投資家は7683億円の買い越し 7月の投資部門別売買状況では、海外投資家が現物と先物の合計で7683億円の買い越しだった。4月から7月までの先物買い越し額は2.54兆円。1~3月に海外投資家は先物を6.1兆円売 […]

コメントなし
潮流|証券市場新聞

内需喚起で国民の所得増加を図れ【潮流】岡山 憲史

日銀会合を分析 市場の関心事だった日銀金融政策決定会合が終わった。 黒田総裁は、長期金利が経済・物価情勢等に応じて上下にある程度変動することを容認したことに関し、変動幅について、現在のゼロ%を中心とした上下0.1%の変動 […]

コメントなし
潮流|証券市場新聞

米国経済の拡大続く【潮流】岡山 憲史

外人買いの増加が続けば日本株式市場に先高感 7月第3週(17~20日)の日経平均先物とTOPIX先物の投資部門別売買動向によると、海外投資家(外国人)は5週ぶりに買い越した。 日経平均先物とTOPIX先物を合算した買い越 […]

コメントなし
潮流|証券市場新聞

2万3000円の壁を恐れるな!【潮流】岡山 憲史

今後の日本株式市場の行方は? 今後の日本株式市場の行方を見てみる。 日経平均は7月5日に付けた2万1462円を底に上昇トレンドが継続されている。一方、小型株中心のマザーズ指数やジャスダック指数、東証2部指数は7月から平行 […]

コメントなし

続きを見る

Pocket