ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

市場新聞社大阪支社長や株式新聞社大阪支社長を務めた人気株式評論家の高野恭壽氏が日々の株式市場の動きを分析。「証券市場新聞PDF版」の「高野恭壽のこれでどゃ!」合わせてお読みください。

高野恭壽|高さん 証券市場新聞

調整場面あっても先高不安なし【高野恭壽の相場指南】

外国人の買戻しを軸にして2月にかけて大きく戻す  今年は大発会から暴落する波乱のスタートとなりましたが、その後は日経平均が2万円を回復し3日続伸で落ち着きを取り戻しました。  この欄を執筆している10日の東京市場は4連騰 […]

コメントなし
高野恭壽|高さん 証券市場新聞

ソフトバンクの混乱も峠越し底入れ【高野恭壽の相場指南】

下げさせた原因はソフトバンクの連日の大混乱  波乱の12月となりました。20日の東京市場は米国株の今年の新安値をみて日経平均を下げたのですが、日経平均も新安値まで突き落されました。米国安だけの材料ならば日経平均は500円 […]

コメントなし
高野恭壽|高さん 証券市場新聞

ゼネコンの押し目を狙う【高野恭壽の相場指南】

内需で出直りがみられるのは?  調整色が強い状況が続いています。この欄を執筆している13日は日経平均が続伸しました。2万1800円台まで戻し25日移動平均線の2万1870円にあとわずかで突破が可能になる状況になっていまし […]

コメントなし
高野恭壽|高さん 証券市場新聞

内需系の強さ光る【高野恭壽の相場指南】

混迷を深める動き  12月第1週の東京市場は混迷を深める動きになりました。週初は米中首脳会談を好感する形で日経平均は予想通り上っ放れてはじまり、11月8日の高値をクリアして2万2600円台に乗せてきましたが、買い一巡にな […]

コメントなし
高野恭壽|高さん 証券市場新聞

一旦調整でも想定内【高野恭壽の相場指南】

一旦は調整場面に入っても良い水準  11月最終週は、日経平均が2万2000円台へ戻しました。28日のニューヨーク市場ではダウが600ドル余り高くなり、これを受けて29日の東京市場はハイテクなどが高く始まり4連騰しました。 […]

コメントなし
高野恭壽|高さん 証券市場新聞

日経平均は2番底を形成【高野恭壽の相場指南】

11月第4週も波乱の動き  11月第4週も波乱の動きになりました。この欄を執筆している21日の東京市場で日経平均は米国株式が10月安値とほぼ並ぶところまで大幅に下落したことをみて半導体系など外需系銘柄が寄り付きから一段安 […]

コメントなし
高野恭壽|高さん 証券市場新聞

日経平均は戻す局面【高野恭壽の相場指南】

膠着感の強い動きだった 11月第3週の東京市場も波乱の動きとなりました。13日はニューヨーク市場の予想外の急落という冷や水がモロに日経平均を直撃し寄り付き段階から400円近い下げとなりました。その後も下落は続き寄り付きか […]

コメントなし
高野恭壽|高さん 証券市場新聞

一旦調整後に上値目指す【高野恭壽の相場指南】

米中間選挙で乱高下  注目されていた米中間選挙が通過しました。7日の東京市場は、民主党が下院で過半数を制したことで米国株式の反応を見たいために、引けにかけて急速に下げる結果となりました。その後、米国株式は懸念するほどの結 […]

コメントなし
高野恭壽|高さん 証券市場新聞

流れが変わった!【高野恭壽の相場指南】

今回の下げは外資系のヘッジファンドに絡む売り  10月は日経平均で2日の高値2万4448円07銭から26日安値の2万971円93銭まで3476円超の大幅な下げ幅になりました。先週、この欄で売られ過ぎで陰の極であることを強 […]

コメントなし
高野恭壽|高さん 証券市場新聞

陰の極!ここからは悲観論無用【高野恭壽の相場指南】

米国株の急落の要因は?  米国株式の連日の大幅安から25日の東京市場は日経平均が寄り付きから400円を超す値幅で大きく売られて始まりました。その後も戻すことなく一気に800円を超すところまで急落の後、戻す動きとなったので […]

コメントなし

続きを見る

Pocket