ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
テクニカルアナリストの日々勇太朗が独自のテクニカル理論で明日のマーケットを分析します。

転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

エリオットカウント【転ばぬ先のテクニカル】

反落し閑散相場に戻る  参院選挙明けの昨日の東京株式市場は反落し、とても閑散な相場に戻ってしまいました。1950年以降の参院選後~年末までの日経平均の騰落率をみると、上昇17回、下落6回となっていて勝率は73.9%という […]

コメントなし
転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

たくり足【転ばぬ先のテクニカル】

激しく動いた一週間  先週の東京株式市場は上下に激しく動いた一週間でした。日経平均は週初から3連敗となり、18日には前日比422円安と令和最大の下落幅を記録。しかし、翌19日はその下げをそっくりひっくり返す急騰となりまし […]

コメントなし
転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

トレンド下方転換【転ばぬ先のテクニカル】

サポートポイント割り込む  昨日の東京市場は3日続落で、しかも、値幅が出る下落となってしまいました。このことで昨日サポート機能を発揮した60日線(2万1381円)を明確に割り込んでしまいました。一目均衡表においても昨日サ […]

コメントなし
転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

60日線を見ていく【転ばぬ先のテクニカル】

60日線がサポート機能  昨日の東京株式市場は続落となりました。日経平均株価は一時2万1380円まで売られ60日線にタッチ。一般的に移動平均線の解説に登場する25日線も同位置を走っており、ここではサポート機能を発揮しまし […]

コメントなし
転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

NYダウは拡大波動【転ばぬ先のテクニカル】

連れ高できない東京市場  NY株の最高値更新が続いています。しかし、連れ高できない東京株式市場。本当に残念でなりません。やはり、金融緩和が期待できるNYに対し、消費税を引き上げる東京市場。この差がそのまま両国の株価指数に […]

コメントなし
転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

気迷い相場【転ばぬ先のテクニカル】

2万1700円台前半が壁 先週の東京株式市場は反落となりました。NYダウは初の2万7000ドル乗せと最高値を更新していますが、本邦市場は売買代金2兆円割れが続いており、上値の重たい展開が続いています。2万1725円に走る […]

コメントなし
転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

壁を突破できるか?【転ばぬ先のテクニカル】

7月利下げ示唆で安心感 昨日の東京株式市場は反発しました。注目されたパウエルFRB議長の議会証言では特に踏み込んだ発言はありませんでしたが、同日公表された6月のFOMC議事要旨が7月利下げを示唆する内容だったことで安心感 […]

コメントなし
転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

バルテスに注目【転ばぬ先のテクニカル】

そろそろサマーラリー  昨日の東京株式市場はパウエルFRB議長の議会証言を控えて様子見となりました。この3日間、日経平均は5日線を下回っていますが、本日にも20日線と60日線が2万1400円近辺でゴールデンクロスします。 […]

コメントなし
転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

買い乗せポイント【転ばぬ先のテクニカル】

いよいよサマーラリー  昨日の東京株式市場は円安を背景に高く始まりました。しかし、アジア市場が軟調で往って来いとなりました。日経平均は辛うじて30円高でしたが、TOPIXは3.5ポイント安とマチマチの展開でした。相変わら […]

コメントなし
転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

ETFの売り需要【転ばぬ先のテクニカル】

配当金捻出売りは10日も  昨日の東京市場は反落しました。先週末に発表された米6月の雇用統計は市場予想を上回る雇用増となり、今月末のFOMCでの利下げが遠のく可能性が指摘され、米株や小安く帰ってきました。一方で、米長期金 […]

コメントなし

続きを見る

Pocket