ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
テクニカルアナリストの日々勇太朗が独自のテクニカル理論で明日のマーケットを分析します。

転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

3月27日重要変化日【転ばぬ先のテクニカル】

FOMC待ちで小動き  先週の東京株式市場は米FOMC週ということもあり小動きに推移しました。FOMCでは年内の利上げはゼロ、量的引き締めは9月に中止というハト派な着地となりましたが、一方で欧州連合(EU)は英国議会が4 […]

コメントなし
転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

3月27日重要変化日【転ばぬ先のテクニカル】

交渉進展や合意期待して上昇  米朝非核化交渉しかり、米中交渉しかり、英国ブレグジットしかり、先延ばしばかりです。マーケットは交渉の進展や合意を期待して先行して上げてきました。しかし、待てど暮らせど答えが出ないことに、いつ […]

コメントなし
転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

膠着【転ばぬ先のテクニカル】

資金循環統計が原因?  昨日の東京株式市場は米国市場が高く返ってきた割には軟調な展開でした。これは8時50分に日銀から発表された昨年10~12月期の資金循環統計が原因ではないかと思います。それによると、昨秋の急落場面で公 […]

コメントなし
転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

小型株の短期決戦【転ばぬ先のテクニカル】

2万1860円高値更新へ  昨日の東京株式市場は続伸となりました。ザラ場の高値は2万1612円まであり、ザラ場での日足二段上げとなりました。昨日は予定があり、この原稿を書いているのは18日の14時です。そのため大引けが確 […]

コメントなし
転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

トレンドが生まれるポジションは…【転ばぬ先のテクニカル】

陰の陽孕みも意味なく 先週の東京株式市場は反発となりました。前週の週足は大陰線でその前2週分の陽線を陰線で包む週足陰線包み足を形成しました。先週はその大陰線の中での動きで陰の陽孕みです。安値圏であれば攻防の分岐で買い線と […]

コメントなし
転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

チャートポイント【転ばぬ先のテクニカル】

上昇後ダレる  昨日の東京株式市場は高値追いが期待されました。NY市場ではS&P500指数とナスダックが戻り高値を更新。前日のナスダックに続きS&P500指数も新値三本足が陽転していました。寄り付きの日経平均は上放れてス […]

コメントなし
転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

二段下げに向かう可能性大【転ばぬ先のテクニカル】

TOPIXは25日線割れ  昨日の東京株式市場は反落となりました。一昨日の急騰劇では3月6日~7日に残していた日足の窓を埋めました。昨日の下落では一昨日空けた日足の窓埋めに向かいましたが、2万1198円~2万1145円ま […]

コメントなし
転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

3波動構成パターン【転ばぬ先のテクニカル】

トレンド上向く  昨日の東京株式市場は大幅続伸となりました。昨日お伝えしたように東証空売り比率が50%超となったことで、今回もやはりといった反応となっています。3月4日高値の2万1860円から一昨日の2万0938円まで9 […]

コメントなし
転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

空売り比率50%超【転ばぬ先のテクニカル】

空売り比率50%超  週明け11日の東京株式市場は反発となりました。先週末の東証空売り比率が50%超となったことで一旦買い戻されたということでしょう。直近で50%を超えたのは2018年3月23日の50.3%、2018年1 […]

コメントなし
転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

日米共に新値三本足陰転【転ばぬ先のテクニカル】

日経平均は五本足が一気に陰転  3月入りとともに株式市場は大きな変化が出て参りました。NYダウは昨年12月26日に新値三本足が陽転してから23本の陽線を積み上げてきましたが、先週月曜日に陰転となり、既に4本の陰線を連ねて […]

コメントなし

続きを見る

Pocket