ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
テクニカルアナリストの日々勇太朗が独自のテクニカル理論で明日のマーケットを分析します。

転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

強い市場に目を向けるべき【転ばぬ先のテクニカル】

円高進行もシッカリ  昨日の東京市場は反発しました。112円台後半へ円高が進行した割りにはシッカリの展開でした。これといったトレンドは見られませんでしたが、5日線を回復したことは良い傾向です。上に向うためには、まずは一目 […]

コメントなし
転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

大阪万博に期待【転ばぬ先のテクニカル】

10月以降の株価は先見性発揮  先週の東京株式市場は反落しました。NYダウが週前半に続落したことで、上値の重たい中、9月中間決算がほぼ一巡。16日の日本経済新聞の記事によると2019年3月期通期の純利益は前期比1%増と前 […]

コメントなし
転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

ストップ安銘柄に注目【転ばぬ先のテクニカル】

一方通行の相場展開  最近はもう慣れて来ましたね。毎朝、目が覚めてNY株式市場の終値をみても驚かなくなりました。10月初旬から急激に下落したあと、10月下旬から11月初旬は急激にリバウンドを開始し、それが止まって今度は徐 […]

コメントなし
転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

45日ルール【転ばぬ先のテクニカル】

決算は6月、12月に集中  ヘッジファンドは解約できるタイミングを四半期に限定しており、解約が集中する弊害を避けるため、投資家がヘッジファンドを解約する場合は、決算の45日前までに申し出なければならない、という契約条項が […]

コメントなし
転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

メイコーに注目【転ばぬ先のテクニカル】

この押しは買い場  昨日の東京市場は急反落となりました。日経平均は2万2046円~2万1892円に窓を空ける下髭陰線です。米国市場は中間選挙後の株高アノマリーによる急騰が戻り売りのポイントになったようです。ただ、ドルが売 […]

コメントなし
転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

長期移動平均線に注目【転ばぬ先のテクニカル】

イレギュラートップ  昨日の東京株式市場は、先週末のNY市場が反落したことで売り先行でスタート。しかし、その後円安が進行した事で、下げ幅を取り戻す動きとなりました。基本的にリーマンショック以降の9年半に渡る上昇相場は今年 […]

コメントなし
転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

ドル高の悪影響【転ばぬ先のテクニカル】

鯨幕相場続く 10月31日以降、鯨幕相場が続いています。先週は2勝3敗で負け越しですが、一時は2万2583円までリバウンドし、25日線を突破して75日線に迫りました。10月高値以降の下落幅の半値戻しに接近しましたが、米F […]

コメントなし
転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

11月16日変化日【転ばぬ先のテクニカル】

中間選挙後は高い 中間選挙から一夜明けたNY株式市場は、中間選挙後の株高アノマリーを意識したのか大幅高となりました。1896年以降の30回の中間選挙では、翌年の米S&P500種株価指数は平均で14.3%上昇。上昇率はそれ […]

コメントなし
転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

25日線タッチ【転ばぬ先のテクニカル】

開票速報を横睨みで乱高下  昨日の東京市場は米中間選挙の開票速報を横睨みしながらの乱高下となりました。寄り付きからジリジリと上昇していきましたが、突然ドル円が急落し日経平均も数分でマイナス圏まで落ちてみたかと思うと、前場 […]

コメントなし
転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

米中間選挙【転ばぬ先のテクニカル】

2万2000円台回復  昨日の東京株式市場は反発しました。米中間選挙前の世論調査などで、与党共和党が猛追。上院は与党共和党、下院は民主党が優勢と予想されていますが、足元で勢い付く共和党が下院も過半数を握る可能性も言われだ […]

コメントなし

続きを見る

Pocket