ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
テクニカルアナリストの日々勇太朗が独自のテクニカル理論で明日のマーケットを分析します。

転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

一極集中のナスダック【転ばぬ先のテクニカル】

物色銘柄二極化の意見  ナスダック市場は調整なき上昇となっています。しかし、牽引している銘柄はいつも同じで有力ネット関連企業です。新型コロナウイルス感染拡大で、物色銘柄が二極化するという意見が聞かれます。否定はしませんし […]

コメントなし
転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

騰落レシオが80%割れ【転ばぬ先のテクニカル】

BOX相場に逆戻り  昨日の東京株式市場は続落となりました。5日移動平均線と25日移動平均線とのゴールデンクロスが接近していましたが、終値では両線を割り込んでしまい、しかも、25日移動平均線はわずかながらも下向きに転じて […]

コメントなし
転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

相場雑感【転ばぬ先のテクニカル】

ソフトバンクGが今の相場を象徴 昨日の東京株式市場の象徴はソフトバンクG(9984)の株価ではないでしょうか。なんと20年ぶりの高値です。売り方の買い戻しと自社株買いという需給相場以外考えられず、今の相場の象徴的な動きで […]

コメントなし
転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

活況感なき不思議な上昇【転ばぬ先のテクニカル】

日経平均407円高で全業種上昇  後付けの解説は出来ますが、薄商いの中でなぜ、これほど上昇したのかを的確に説明する言葉が見つかりません。6日の日経平均は407円高の22714円。値上がり銘柄数1888、値下がり銘柄数24 […]

コメントなし
転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

今月末のTOPIXは重要【転ばぬ先のテクニカル】

ナスダックに連れ高できず  先週の東京株式市場は反落となりました。東京都で新型コロナ感染者が俄かに増え始めたことで、米ナスダックが連日の史上最高値更新にも連れ高できない一週間でした。米国でも日々4~5万人の感染者が確認さ […]

コメントなし
転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

マザーズ市場に亀裂【転ばぬ先のテクニカル】

あてにならない速報値 昨日の東京株式市場は小幅に反発しました。 アメリカは本日が独立記念日のために、普段より一日早く6月の雇用統計が発表されます。その前哨戦ともなるADP民間雇用統計が7月1日に発表されました。前月5月の […]

コメントなし
正直じいさんの株で大判小判|企業 証券市場新聞

チエルが連日の大幅安【正直じいさんの株で大判小判】

下値は買い直され反発  2日の東京市場は反発、日経平均は144円高です。前日の米国株市場は高安まちまちで、買い先行で始まった後下げに転じるなど方向感に乏しい展開でした。ただ、香港をはじめアジア株が堅調に推移していることで […]

コメントなし
転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

ヘッジの必要性【転ばぬ先のテクニカル】

東京市場は上値重く  昨日の東京株式市場は反落しました。30日の米株市場は主要3指数が続伸しており、ナスダックは史上最高値を伺う位置まで上昇。しかし東京株式市場は上値が重く、寄付きこそ買われましたが、その後はマイナス圏に […]

コメントなし
転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

日米政局から目を離すな【転ばぬ先のテクニカル】

200日線が下値サポート  昨日の東京株式市場は反発しました。一昨日は200日移動平均線が下値サポートとして機能した形ですが、昨日は25日移動平均線が上値レジスタンスとして意識されたようです。日足ローソク足は160円幅の […]

コメントなし
転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

下値支持線【転ばぬ先のテクニカル】

待ちに待った押し目、急落の前触れ? 昨日の東京株式市場は急反落となりました。日経平均は25日移動平均線を割り込んできました。25日移動平均線割れは4月6日以来のことになります。昨日の下落が待ちに待った押し目なのか、急落の […]

コメントなし

続きを見る

Pocket