記者の視点|企業速報 証券市場新聞

この日はメジャーSQが明けて上値追いとなった。11月のSQ前と同様に

今回のSQも波乱の動きとなったが、今回もSQ通過で下値不安が薄れた感じた。今晩の米雇用統計を通過後はFOMCでの利上げに関心が移ることになる。多くの投資家は年末ラリーを期待しているが、外国人投資家がクリスマス休暇に入り商いが薄くなれば、多少の材料でも指数の動きが荒くなることには留意したい。次に1月SQまでは5週間あることから、それまでの期間で先物で振らされることはあるかもしれない。

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

 

 

 

 

Pocket