記者の視点|企業速報 証券市場新聞

アラバマ補選の結果は想定内【記者の視点】

この日の東京市場は前場は小動きで推移していたが、米アラバマ州上院補欠選挙で民主党候補者の勝利が伝えられると、円の若干の強含みから下げ幅が100円超にまで広がった。

この日は新規上場が4社もあり、個人投資家の関心が分散されていることも指数を軟調にさせている一因になっている。FOMC後の動きも気にされており、値動きの良い銘柄を個別で対処する動きになっている。民主党の勝利はほぼ事前予想通リであり、過度に気にする必要はないと思われる。

証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

 

Pocket