記者の視点|企業速報 証券市場新聞

先週末の悪役も下げ止まる【記者の視点】

 18日の東京市場が大幅な反発となった。朝高の後もダレることなく、後場からも上値追いになり、日経平均では2万9000円台を回復している。明日は流石に下押すことも想定されるが、2万3000円台を抜ければ11月9日のザラ場高値を突破する期待も高まりそうだ。個別では先週末の悪役である楽天(4755)や、NTTドコモ(9437)、ソフトバンクグループ(9984)も下げ止まる動きで相場の雰囲気は良くなっており、全般的に押し目があっても下値は拾われて行きそうだ。




証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket