記者の視点|企業速報 証券市場新聞

引き続き個別物色での対応【記者の視点】

為替が1ドル113円台まで弱含んだことで、底堅い動きとなった。クリスマス休暇で商いが細るなかでは、2万3000円壁を超えるにはエネルギー不足。年明けまでは材料不足だが、現状の水準を維持すれば、第3四半期決算シーズンで上へ向かう可能性も高い。引き続き個別物色での対応だ。

Pocket