記者の視点|企業速報 証券市場新聞

地政学リスクも手仕舞い売りの範囲内【記者の視点】

米CNNが北朝鮮でミサイル発射の兆候があると報じられると為替が1ドル112円台まで強含み指数を押し下げた。石川製作など防衛関連が買われる一方、直近IPO銘柄が利食われており、年末で買い手不在の中、手仕舞い売りで下げた印象が強い。ナイトセッションの225先物は静かな動きとなっており、大納会も指数が上下に大きくブレる可能性は低いと思われる。




証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket