記者の視点|企業速報 証券市場新聞

手仕舞い売りもソフトバンクの出直りに期待【記者の視点】

28日のNY市場が3指数揃って上昇したこと受けて、この日の東京市場は反発したが、日経平均は前日の128円安分を戻せずにマイナスで引けた。前日の米CNNによる北朝鮮報道には過剰反応ともいえ、年末特有の手仕舞い売りで下げた印象がやはり強い。個別ではソフトバンクグループ(9984)が米国配車大手ウーバー・テクノロジーズ買収報道で買われたが同社株もマイナスで引けた。ソフトバンクは1万550円の高値から長らく調整しているだけに、出直りとなれば全般相場に好インパクトを与えるのだが・・・。




証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket