記者の視点|企業速報 証券市場新聞

2月20日の株式相場見通し|NY休場で堅調展開継続か【記者の視点】

 週明け19日の東京市場は大幅に3日続伸となった。週末16日のニューヨーク市場が小幅ながら5日続伸となり、1ドル105円52銭まで円高に進んだ後に106円30銭まで弱含んだことを好感。売買代金は今年最低だが、これは週明けのニューヨーク市場が休場であることから、海外投資家の動きが少ないことが影響していると思われる。日経平均は2万2000円台を回復したことで全般相場の雰囲気は大きく好転、ニューヨーク市場の動きに左右されないことから明日も堅調な動きが想定される。引き続き21日のFOMC議事録での利上げ議論の内容が注目されることになろう。




証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket