記者の視点|企業速報 証券市場新聞

5月18日の株式相場見通し|押し目は銘柄を絞って買いスタンス【記者の視点】

 重苦しい動きが続いていたが、NY市場の反発を好感する形で反発、前場に売り物が出ないことが確認されると後場から上値追いの動きとなった。米金利上昇が懸念材料であることに変わりはないものの、為替が1ドル110円をキープしている現状で輸出系の業績上ブレ期待は強く、この日はソニーなど主力株が買われる状況になっている。2万3000円を抜けるにはエネルギーが必要ながら、押し目は銘柄を絞って買いスタンスで問題ないだろう。




株式情報と相場見通し

Pocket