記者の視点|企業速報 証券市場新聞

6月15日の株式相場見通し|米の対中関税動向を注視【記者の視点】

 FOMCで利上げペース加速が示されたことを嫌気しているが、むしろトランプ政権が15日にも、数100億ドル規模の中国輸入品に対して関税を課す方向で準備を進めていると報じれたことが重石となっているようだ。実際に発動されれば、中国から大規模な報復措置を招く懸念があり、その動向を見極めたい動きで、ECB理事会での資産買い入れプログラムの動向も注視される。個別では曙ブレーキ工業(7238)に代表されるように個別物色は旺盛で、値動きの良い銘柄の局地戦といえよう。




株式情報と相場見通し

Pocket