記者の視点|企業速報 証券市場新聞

積極的に動き難い状況続く|【記者の視点】

 2日の東京市場は小動きでのスタートが予想される。週末6月30日のニューヨーク市場はダウで一時、前日比293.47ドル高となったが、大引けにかけて値を消し55.36ドル高の2万4271。41ドルで引けている。ナイキの急伸やFRBの大手銀行を対象したストレステスト第2弾の内容を好感して上昇したが、通商問題が引き続き重石となった。連動して動いている225先物はナイトセッションで為替が一時1ドル110円93銭まで円安となったものの、上値は重く30円高の2万2240円で引けている。
 今週は7月6日に中国への制裁関税発動が予定されており、これが予定通リ発動されるのが、妥協点が見つかるのか、引き続き米中の政策当局者の発言に神経質な展開が予想され、これと連動した上海市場の動向も注視される。加えて4日は独立記念日で米国市場が休場、6日は米雇用統計の発表も予定され、積極的に動き難い。ただ、現状の円安基調が続くなら、日経平均では2万2000円を大きく割り込む状況ではない。国内では4日のイオンなど2月期企業の第1四半期決算が発表される。好調な内容なら内需セクターが再度評価されることになろう。




株式情報と相場見通し

Pocket