記者の視点|企業速報 証券市場新聞

下値を試す動き|【記者の視点】

2日の東京市場は後場から大きく売られる展開となった。米貿易摩擦への懸念で上値が重いなかでCTA「商品投資顧問」によるHFT(高頻度取引)の動きが指摘されていた。時間外でのNYダウ先の下落、1月高値期日の動きなども売りを加速させていたが、2万2000円を割れたことで下を試す動きが懸念される。




株式情報と相場見通し

Pocket