記者の視点|企業速報 証券市場新聞

アジア市場の戻りが継続するか?|【記者の視点】

 9日の東京市場は一週間ぶりに2万2000円台に乗せて引けた。週末の欧米市場高は織り込み済みながら、この日は上海を中心にアジア市場が終始堅調に推移したことが安心感に繋がったようだ。ただ、商いはそれほど膨らんでいないことから、買い戻しが主体といえる。25日線や50日線を意識すれば2万2400円程度の戻りが期待されるが、米国による第2弾の対中関税の発動も月内に予想されるなかでは、買い戻し一巡後は上値が重くなることも予想される。ただ、個別では売られ過ぎの銘柄は多く、この日上昇したアジア市場が明日以降も落ち着いた動きになれば明日も堅調な動きは期待できそうだ。




株式情報と相場見通し

Pocket