記者の視点|企業速報 証券市場新聞

2万2500円前後の攻防【記者の視点】

 週明け30日の東京市場は反落となった。週末27日のニューヨーク市場で、ナスダック指数が1%超の大幅下落となり、ハイテク株が売られたことを嫌気、31日まで開催される日銀金融政策決定会合の動向も見極めたいことから買い手控えの動きとなった。ナスダック指数の高値更新後の下落は想定内で、むしろ日銀によるETF購入配分の見直しを気にする向きが多いかも知れない。日銀金融政策決定会合内容が明らかになるまでは日経平均で2万2500円前後の攻防が想定される。




株式情報と相場見通し

Pocket