記者の視点|企業速報 証券市場新聞

FOMC待ち【記者の視点】

 日経平均株価の9月分配当落ち分150円程度を埋めてチカラ強い動きとなった日米通商交渉については、自動車関税引き上げを回避する代わりに農産物で妥協する内容が報じられており、政策当局者からも前向きなコメントが聞こえてきている。この日はトヨタなど主力の自動車が前場に売られたか利益確定売りの範疇であり、個別で見ても堅調な銘柄が多い。次はFOMC待ちだが、為替に大きな変動がなければ大きな調整はなさそうだ。




株式情報と相場見通し

Pocket