記者の視点|企業速報 証券市場新聞

SQ明け後は戻りを試す【記者の視点】

 朝高後には後場寄り後に2万3400円割れまで下げ幅を拡げたものの、中国市場が落ち着いていることや為替も一段の円高に動かなったこともあり、その後は買い戻しも動きとなった。米長期金利上昇や世界経済見通しの動向など不安材料があるものの、一段と売り込む材料でもなく、週末のオプションSQへ向けての先物の事情によるところが大きい。2万3500円近辺で落ち着きを見せるなら、SQ明け後は戻りを試すかも知れない。




株式情報と相場見通し

Pocket