記者の視点|企業速報 証券市場新聞

目先的な底打ち感【記者の視点】

 前引け後に先物から値を消す動きとなり、後場には一時マイナス圏に沈んだが、この日は大引けに向けて2万2500円に戻す動きとなった。様々な不安材料が指摘されていたが、どれも過度なリスク要因にならなかった。先物は現物引け後に利益確定売りに押され2万2420円で引けており、先物に降らされている状況には変わりないが、前日の先物ナイトの安値2万2030円を底に戻したことで目先的な底打ち感は高まりそうだ。




株式情報と相場見通し

Pocket