記者の視点|企業速報 証券市場新聞

NY市場の上昇待ち【記者の視点】

この日は朝寄り後に2万2000円を抜け切らず終始小動きで推移した。中国の各経済指標はほぼ想定内で、手掛かり材料難になると午後から再度マイナス圏に沈む場面もあった。ニューヨーク市場はナスダック指数はプラス引けとなっており、ハイテク系は下げ止まる動きだったが、原油価格の安値が重石になっている。明日は10月の米小売売上高が発表される。前月の0.1%増を上回る伸びが予想されるが、クリスマス商戦へ向けて期待の持てる内容なら膠着相場のカツ入れ役になるか。何れにしてもNY市場の上昇待ちとなる。




株式情報と相場見通し

Pocket