記者の視点|企業速報 証券市場新聞

円高も2万1000円を目指す展開に期待【記者の視点】

 FOMCのハト派スタンスからNY市場が大幅高となり、東京市場も反発となった。ただ、円高になっていることや中国PMIの2カ月連続50割れが嫌気されて、日経平均は2万869円に乗せたあとは伸び切れない展開。NY市場の動きや日経平均VIの19ポイント割れから東京市場も下値不安が後退した。決算発表後の動きはまちまちながらこの日は5G投資のアンリツや3Q好調のNECの上昇を見ると好決算銘柄の中から選別が進んでいく雰囲気。日経平均は50日線抜けなら2万1000円を目指す展開に期待。

参加費無料2月2日(土)創刊3周年記念!株式セミナー in大阪 参加申し込み受付中!




株式情報と相場見通し

Pocket