記者の視点|企業速報 証券市場新聞

サンバイオは落ち着きを取り戻したか?【記者の視点】

 
 この日は反落となったものの、ファーストリテの急落を考慮すれば、実質的にはほぼプラス引けと考えても良く、TOPIXのプラス引けが全体の動きを反映していると考えて良いだろう。引き続き上海市場が休場で手掛かり材料に乏しく、決算発表後の値動きで個別物色が続く構図。話題としてはサンバイオが5日ぶりにザラ場商い成立し、全市場での売買代金トップになったこと。10時8分に付けた安値2401円を割らずに引けたが、これで落ち着きを取り戻したかどうかは判断できない。明日以降の値動きを見て、方向感が定まれば他の中小型株の物色意欲が高まるかも知れない。




株式情報と相場見通し

Pocket