記者の視点|企業速報 証券市場新聞

3Q一巡で仕切り直し【記者の視点】

 日経平均は2万300円台を底に2日間で2万1000円を超えたことから流石に利食い売りに押された。米国の政府機関閉鎖回避や米中通商交渉進展、円安からリスクオンの状況になっているが、一旦は戻り売りを吸収する必要がある。決算はこの日で一巡したことから、明日以降はアナリストによる業績修正などで個別で見直しが進むことになりそうだ。




株式情報と相場見通し

Pocket