記者の視点|企業速報 証券市場新聞

前日下げた分の買い戻し

 パウエルFRB議長による議会証言では取り立てて大きな影響を及ぼす発言がなかったこともあり、上海市場の上昇に刺激されて反発で引けた。膠着感が強い展開には変わらないが、売り材料にされたインド軍による空爆の影響も拡がらなかったことで、前日下げた分の買い戻しとなった雰囲気が強い。

シャープ?

 指数の動きとしては、3月1日にパイオニア(6773)が整理銘柄に指定を受けた後に、225の入れ替え候補が補充されることが注目されている。一部ではシャープ(6753)が取り沙汰されており、入れ替え完了後に日経平均にも動きが出るとの期待がある。




株式情報と相場見通し

Pocket