記者の視点|企業速報 証券市場新聞

利益確定売り

 前日は強気派が優勢だったが、米国での弱い経済指標でダウが反落すると日経平均も100円を超す下落幅となり、一転して利益確定売りとなった。中国全人代では減税とインフラ投資が発表されたが、2019年のGDP伸び率が前年の6.6%増を下回ることも上値を抑える内容となっている。

5G関連が幅広く値を飛ばす

 個別では双信電機を筆頭に5G関連が幅広く値を飛ばしており、膠着感が強まるなかでもテーマ株物色となっていることはポジティブ要因だ。




株式情報と相場見通し

Pocket