記者の視点|企業速報 証券市場新聞

ボーイング急落でのNY上昇はポジティブ

ボーイングが急落していることを考慮すれば、NYダウは実質400ドル高で、ナスダック指数の大幅上昇にも支えられ、日経平均も終始強含みで推移した。1月の小売売上高は期待されていなかっただけに予想以上の好内容はポジティブサプライズ。

目先数日間の動きは重要な意味を持つ

 これにより先週の雇用統計の悪化も一時的なものとして、不安が払拭された。この日は先物主導での買い戻しで、ここから3月4日高値2万1860円39円を抜けるには、新たな材料も必要。過度な下値不安は後退したが、明日以降、勢いが失速すれば上値の重たさが改めて認識されるだけに、目先数日間の動きは重要な意味を持つだろう。




株式情報と相場見通し

Pocket