記者の視点|企業速報 証券市場新聞

日本電産の株価動向に注目【記者の視点】

 月内受け渡し最終ながら前日と同様に薄商いで推移、為替の動きで指数が変動した程度といえそう。売り買いともに手掛かり材料難で、基本的には連休明けの動きを見極めてから投資スタンスを決める投資家が多いだろう。
 注目された日本電産(6594)の決算は今20年3月期に連結売上高は1兆6500億円(前期比8.7%増)、営業利益は1750億円(同26.2%増)、純利益は1350億円(同21.8%増)を見込んでいる。アナリストコンセンサスを下回った内容のようだが、予想為替レートは1ドル105円であり、前期のようなイレギュラーな米中貿易摩擦がなければ慎重な見方ともいえるが、明日は市場がどう反応するか注目したい。




株式情報と相場見通し

Pocket