記者の視点|企業速報 証券市場新聞

想定内の下げでNY動向注視【記者の視点】

 トランプ大統領の講演で新たな材料が出なかったことから、ナイトセッションの225先物は引け前に売られる動きとなり、その流れを引き継ぎ売りでスタート、戻りの鈍さからほぼ前日上昇を帳消しする形となった。前日の後場からの上昇は想定外との見方が多かっただけにこの日の下落に意外性はない。チャート的には過熱感から今週は調整が想定されていただけに引き継ぎ押し目を待つスタンス。ナイトセッションの225先物では1ドル109円割れの円高から2万3200円近辺まで売られている。FRB議長の議会証言と米下院での弾劾聴聞会が控えており、今晩のニューヨーク市場の動きが注視される。




株式情報と相場見通し

Pocket