記者の視点|企業速報 証券市場新聞

慌てずに押し目を待つ【記者の視点】

週明けの東京市場は大引けベースでの年初来高値を更新した。週末のニューヨーク市場はダウで112ドル安だったが、11月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)が景気判断の分かれ目となる50を7か月ぶりに上回ったことが刺激材料となったが、上海市場が朝高後に伸び悩んでいることを考慮すれば、東京市場の力強さが際立っているといえよう。米国では4日に米11月ADP雇用統計とISM非製造業景況指数、6日に米10月貿易収支、6日に米11月米雇用統計と需要指標に発表が相次ぐが、ブラックフライデーでの販売好調などを考慮すれば不安材料にはなっていないようだ。
現状では強い銘柄に付く動きだが、慌てずに押し目を待つスタンスを継続したい。




株式情報と相場見通し

Pocket