記者の視点|企業速報 証券市場新聞

感染鎮静化が待たれる【記者の視点】

 18日のニューヨーク市場では昨年の正月で激震が走ったアップルショックの再来を懸念すう向きもあったが、アップル株は売り一巡後は下げ渋る動きで、ナスダックは最高値を更新して引けており、買い戻しの動きとなった。アップルの業績悪に関しては短期的との見方がアナリストからでてきており、東京市場では過剰に懸念していたもいえそうだ。一方、国内での新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されていたが、トランプ米大統領が「安倍晋三首相から東京五輪へ招待され、出席を検討している」ことを表明したことが後場からの上げ幅拡大に寄与した。
 日経平均ではこの日の反発で2万3000円台の揉み合い継続を維持が再確認されたが、ここからの上値となると新型コロナウイルスの感染鎮静化など何らかの材料が必要となりそうだ。




株式情報と相場見通し

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

大阪・船場発の経済情報マガジン 経済市場新聞 economypress

「新時代になった株式市場に大チャンスが来る」2月22日(土)第4回 株式セミナー in大阪

Pocket