高野恭壽|高さん 証券市場新聞

米国株式が2万ドル台に乗せた後も堅調に推移していることや円相場が114円台となっていることもあり、日経平均もしっかりして寄り付きました。1万9480円台と1万9500円に後、一歩のところまで回復しましたが、そのあとはもみ合いの状況になっています。
前日までに上げていた鉄鋼などのなど市況系は一服状態、メガバンク系は引き続き買われましたが、大手証券などはは小反落。代わって買われたのは資源系で石油系などのほか好決算見通しのANAホールディングス(9202)、JAL(9201)やブリヂストン(5108)などのゴム系です。。ソフトバンクグループ(9984)も9000円台に乗せ堅調です。

 

高野恭壽

http://www.kabu-takano.com/

Pocket