高野恭壽|高さん 証券市場新聞

トランプ大統領の政策に警戒感強まる

 

トランプ氏の民主主義、宗教の自由を制限する政策に対して警戒感が強まると同時に日本に対する通商政策についての懸念も強まるなどトランプ氏のこれまでの期待から一転して不安感が強まり、反落しました。また、31日の日銀会合の結果待ちも手控えられた要因でした。その一方で好決算銘柄の一部が散発高したのが目立っていました。31日も選別買いの動きが中心で全体の低迷感は続くとみられそうです。

高野恭壽

http://www.kabu-takano.com/

 

Pocket