高野恭壽|高さん 証券市場新聞

トランプ氏の民主主義を逆なでする大統領令で世界各国からの批判が高まり、今後の米国の政策に対する不安も強まりドルを売る動きが強まり、つれて米国株式も下落するなど世界的な反米の動きが日経平均をモロに直撃し値より付きからほぼ全面安となりました。失望売りが一気に出たことで一旦、買い戻される可能性が出てきました。円相場も113円台で止まっており、反発のタイミングが近づいたと思われます。

 

高野恭壽

http://www.kabu-takano.com/

Pocket