高野恭壽|高さん 証券市場新聞

トランプ氏の疑惑問題が今後、どのような展開を見せるかが相場の先行きを決めることなりますが、円相場は110円台を付けた後、111円台まで戻しており、米国株式も落ち着きをみせておりますので、日経平均は戻す可能性があります。日本の景気の堅調さや企業業績の動きを考えれば、1万9500円前後でウロウロしていること自体売られすぎといえますので、ここまで売られた場面は買いを見送っていた投資家にとってはチャンスを迎えたことになります。

 

高野恭壽

http://www.kabu-takano.com/

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket