高野恭壽|高さん 証券市場新聞

都議選の結果は自民の予想以上の惨敗という結果になり、都民ファースト
が大勝利を獲得し公明との協力により都は行政、議会ともに小池氏が完全掌握することになりました。都議選は以後の国政選挙に強い影響を与えますので、安倍内閣は大きな転換期を迎えたことになります。海外では米、韓、中の関係が微妙に変化し始めており、北朝鮮と米国の緊張感が再び強まる可能性が高くなりそうです。
そういう状況の変化で週明けの日経平均は30日の反落に対して反発する見通しが強かったのですが、今後の政局懸念の強まりや再度の地政学リスクの高まりで調整色を強めていくと警戒する必要がでてきました。

 

高野恭壽

http://www.kabu-takano.com/

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket