高野恭壽|高さん 証券市場新聞

米国株式の急反発や円安をみて全般 高く始まり、日経平均は19500円を超えて寄り付いたのですが、その後は上値を追う場面がみられず、多くの銘柄は上げ幅を縮小する展開になりました。前日高くなった鉄鋼、海運、なども値を保てず反落に転じていました。このところ、低迷相場が続いていたことや北朝鮮のミサイル発射に対する警戒感が依然として消えていないために、戻った場面はとりあえず処分しておこうという心理が働いたことが上値を重くしたとみられます。しかし、戻り基調は変わらないと見ています。

 

高野恭壽

http://www.kabu-takano.com/

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket