高野恭壽|高さん 証券市場新聞

彼岸底【高野恭壽の相場指南】

15日の相場は米国株式の3連続大幅安を嫌気して70円ほど安くはじまり、その後も主力系中心に続落し、200円程度の21500円台まで下落しました。
しかし、その後は先物から買い物が入り、戻す展開が続き後場に入るとマイナス圏からプラス圏へと回復し、引けでは21800円台を回復し28円高で終えました。このところ日経平均は低迷するものの、米国安になびくものの、抵抗力がみられていました。15日の相場もやはり、それなりに下落した後はキッチリと戻し、値を保っていました。この抵抗力は22000円台に乗せる前の生みの苦しみであり、来週にかけて戻す可能性が強くなりました。彼岸底となりそうです。




相場見通し

 

銘柄の詳細は下記サイト(有料)まで。

証券市場新聞 公式有料メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket