高野恭壽|高さん 証券市場新聞

21000円割れ辺りが限界【高野恭壽の相場指南】

先週末にトランプ大統領が中国に対して、追加の輸入関税の規制を発表したことで日経平均が米国株安懸念から警戒感から反落して終えました。
そして週末の米国株式は600㌦近い下げとなり、24000㌦を割りこんでおえました。米中との規制合戦が米国経済に大きなブレーキがかかることに警戒感が強まって、せっかくの戻り歩調の動きに水をかける結果になりました。その急落をみて、日経平均の週明けは寄り付きから大きく下げて始まることになりそうです。恐らく、21200円辺りで始まるものと予想されます。だからといってそのまま3月の20300円台の安値を割り込むところまで下げる可能性は薄いと思われます。週明けには日経平均が下落しても1-2日ほど売られても、21000円割れ辺りが限界とみられます。




相場見通し

 

銘柄の詳細は下記サイト(有料)まで。

証券市場新聞 公式有料メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket