高野恭壽|高さん 証券市場新聞

22502円の高値を目指す【高野恭壽の相場指南】

日経平均は予想したよりも早く上値をとってきました。円安が進み3月決算企業の増額修正をみて企業業績が予想よりも好調なことが認識されはじめ、主力系の銘柄などが一斉に上値を追い始めました。強い動きをみせたのは原油価格の上昇を見て石油・資源系が上げたほか、出遅れが目立ち前日も高くなっていました金融系でした。また、今期の好決算が伝えられた海運も連日上値を追いました。電力・ガスなども買われました。自動車、機械も円安を追い風として上げました。しかし、電機は今期の伸びが弱いことを理由に上げたものの、上値の重い動きになっていました。非鉄金属はあるも市況の下落から大紀アルミはじめ関連企業の下げが目立ちました。この結果、日経平均は190円高の22278円となり、19日の高値22350円に大きく迫りました。恐らく、25日には22502円の高値を取ってくる可能性が高くなりました。




相場見通し

 

銘柄の詳細は下記サイト(有料)まで。

証券市場新聞 公式有料メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket