高野恭壽|高さん 証券市場新聞

閑散に売りなし【高野恭壽の相場指南】

週明けの相場は米中協議の動向を見極めたい動きが強まり、様子見で終始しました。また、新興国通貨も落ち着いているものの、先行き不安が払しょくされないことも手控えられる一因になっていました。そのため、先週末の戻した動きもほとんどの銘柄が帳消しになっていました。しかし、日経平均の大幅安は避けられていました。22200円をわずかに割り込みました。低迷したものの、更に、大きく売ってくる可能性が薄く戻り待ちの売りを消化すれば上値を取ってくるものと思われます。「閑散に売りなし」であり、週末に強い動きをした銘柄をしっかり狙っていく作戦でいいとみています。




相場見通し

 

銘柄の詳細は下記サイト(有料)まで。

証券市場新聞 公式有料メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket