高野恭壽|高さん 証券市場新聞

無気力状態の相場の中で銘柄を絞る【高野恭壽の相場指南】

低迷相場を台風が運んで5日の相場は戻すことを予想したのですが、逆に、大きく続落して終えました。米国株式が5日に再開されましたが、8月の雇用統計が週末に控えており、見送り商状で小幅安になりました。反発する材料も見当たらずに失望売りで主力系銘柄は5日連続の陰線で終えた銘柄が多くみられました。自動車株もその範疇に入り、先月末にかけて上げた分は行って来いになり、元の黙阿弥状態になっていました。日経平均は22600円台を維持できませんでしたが、22580円と比較的値を保っていました。無気力状態の相場の中でもしっかりとした動きをみせるものもあり、目先的にはそういう銘柄で幕間を繋ぐしかありませんが、5連続安を続けた主力株も好業績を見込める銘柄はここから拾う姿勢を続けることでいずれ成果を得られることになりますので、銘柄を絞ることが肝心です。




相場見通し

 

銘柄の詳細は下記サイト(有料)まで。

証券市場新聞 公式有料メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket