戻り売り【転ばぬ先のテクニカル】

転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞
目次

75日線を大きく割り込む

昨日の東京株式市場は大幅続落となりました。日経平均もTOPIXも75日移動平均線を大きく割り込んでいます。昨年3月以降の上昇相場でこれほど大きく割り込んだ現象は見られませんでした。日足は2日つづけて窓を空ける下放れとなり、5日線と25日線がデッドクロスしています。本日も下放れて始まるならば三空形成となりますので、一旦は下げ止まりからの反発が予測されますが戻り売り対処でしょう。

週足デッドクロス近づく

一目均衡表では雲の下に出てしまっており、短期トレンドは下方転換しました。週足チャートでは5週線、13週線を割り込み、両線のデッドクロスが近づいています。13週線自体が下向きに転じだしており、中期トレンドに下方転換シグナルが点灯しつつあります。26週線は現在2万7877円に位置して右肩上がりをキープしていますので、完全に下方転換したとは言い切れませんが、警戒せねばならなくなってきました。

月足は問題ないが…

月足チャートは問題はありません。12カ月移動平均線が現在2万5300円近辺に位置しており、乖離が大きいため移動平均線の上昇待ちといった形です。ただし、今年に入っての月足は上髭が4カ月連続出ており、3月と4月の月足は陰線形成です。3月24日の2万8405円大引け値や2万8360円の5カ月線を割り込むと下に値幅が出ることが予測されます。

日々勇太朗

 

提供:株式市場新聞社 marketpress.jp
 

株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「株式市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket

転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる