1/3押しからの反発【転ばぬ先のテクニカル】

目次

週末には3万円台回復

先週の東京株式市場は3日間の立ち合いでしたが、上下に大きく振れました。中国恒大集団の債務問題を巡って警戒感が高まり21、22日の2日間で日経平均は860円安しましたが、23日の社債利払い日に元建てに関しては実行されたようで、週末には3万円台を回復しました。8月20日からの上昇幅の1/3押しで切り返した格好です。

配当落ち埋められるか

ただし、日足、週足ともに窓を空けていますので、これらを埋めてくるのかどうか。今週は28日が9月末配当権利取りの最終売買日です。配当落ち以降に配当分を埋められるかどうかにも関心が高まりましょう。米国市場ではS&P500とナスダックが25日線、NYダウが75日線上を回復してくるかどうかに注目となります。個別では高配当利回りと先々で業績上方修正が期待される日軽金(5703)に期待しています。

日々勇太朗

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる