転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

昨日の東京市場は3日ぶりに反発しました。日足は前日の陰線を陽線で包みました。先週の水曜~金曜の3日分の日足を昨日の陽線で包んだ形であり、26日~27日の陽の陽孕みの売り線を否定した形です。

ドル円が60日線の走っている111.98円を抜ければ、売買代金も9日連続で2兆円超となっており、年初来高値更新も視野に入ってきました。

ただし、東京エレク、日東電工、NTTデータの値嵩3銘柄で日経平均を96円程度押し上げており、銘柄選びの基本はやはり決算ということになります。

丹念に確認し、買い場を探ることになりましょう。

日々勇太朗

Pocket