転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

 昨日の日経平均は続伸しました。前日の高値を抜いたことで、6月2日高値更新の可能性が出てきました。ドル・円が5月高値を抜いたことで、15年6月高値から16年6月安値の下げ幅の61.8%戻しに相当する115.60円近辺を目指している可能性があります。
このところ為替と株式の連動性が薄れていましたが、それが復活気味になってきていることで上値を試す余地が出てきました。もっとも市場の盛り上がりには欠けます。
みずほ証券調べでは2万円~2万1000円の累積売買代金は214兆円にのぼるということです。高値更新にはボリュームアップが必要であり、それがないならば上値も限定的と言わざるを得ません。
日々勇太朗

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket