転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

 NYダウが連日で史上最高値を更新するなか、景気に敏感なダウ輸送株指数が急落しています。(7月14日高値9742ポイント→27日9189ポイント)輸送セクターの低迷は悪い兆候です。そこへNasdaqの急落が重なってきました。27日のNasdaq市場は6460の高値から一時6318まで急落。6日分の日足を一気に包み込む大陰線を形勢しました。
Fear&Greed Indexが危険水域の81に乗った途端の異変であり、ボーイングやベライゾンなど一握りの銘柄で高値更新し続けるNYダウも早晩崩れる可能性が高まってきました。7月の日経平均は上下344円幅という膠着相場となっていますが、8月相場は厳しい展開となるかもしれません。
日々勇太朗

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket