転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

先週の東京株式市場は続伸しました。

週末には一時2万2994円まで上昇し、直近の調整局面における戻り高値を更新してきました。三角持合いを上に放れてきましたので、調整完了サインです。9月安値→11月9日高値→11月16日安値から計算できる上値の目処は、一目均衡表・値幅論におけるNT計算値が2万4705円、V計算値で2万4792円、E計算値で2万7525円、そしてN計算値で最大2万6115円というターゲットが計算できます。
先週は半導体関連銘柄が急落に見舞われましたが、代わって金融株が主役として頭角を現してきました。NT倍率が12.6倍まで上昇していますので、ここよりTOPIX型有利の展開が予測されるところで、年末相場は金融を中心とした出遅れ大型株が賑わうことになりそうです。
日々勇太朗

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket