転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

円高進行で続落

先週の東京株式市場は続落しました。上値を押さえたのはFOMC後に円高進行となり、ドル円は25日線、75日線を割り込んできたことが大きいと思われます。ここより更に円高が進行した場合は、日経平均の上値も限定的でしょう。




日経平均トリプルトップ形成も

先週末の日経平均は一時25日移動平均線を割り込みました。TOPIXはかろうじて25日線手前で踏みとどまっていましたが、仮に両指数ともに割り込みだした場合は日経平均は11月9日、12月1日、12月12日とトリプルトップ形成、TOPIXは11月9日高値と11月16日安値から二段上げを伴う上昇による12月12日高値とのダブルトップ形成の可能性が高まります。

商い薄く振れやすい

今週は外国人投資家がクリスマス休暇入りとなりますので、商いが薄いことで上下に振れやすいことを念頭に入れておかねばならないでしょう。
日々勇太朗

証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

 

Pocket