転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

上昇波動を取り戻しつつある

昨日の東京株式市場は5日振りに反発となりました。先週末に米税制改革法案の成立見通しが高まり、NY株式が3指数ともに最高値を更新。

それを受けて日経平均も上放れてスタートし12月高値に接近。一方、TOPIXは年初来高値を更新し、一足早く上昇波動を取り戻しつつあります。ドル円が期待に反して112円台半ば推移となっているために、出来高、売買代金は通常ペースではありますが、日経平均の年初来高値更新からは雰囲気が変わる可能性もあります。

高値追いは如何なもの?

ただ、今週は外国人投資家がクリスマス休暇入りとなっておりますので、NYが更に上昇することに加え、円安進行が必要と思われます。年内にザラ場の年初来高値更新の可能性もありますが、税制改革法案が可決成立して更にNY株が上昇継続するのかどうか?好材料出尽くしということも考えられますので、高値をどんどん追いかけて順張りというのは如何なものかと思います。
日々勇太朗

証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket